医療教育 シミュレーション システムの開発

概要

高西研究室では、医療従事者の手技訓練のための患者ロボットの開発に取り組んでいます。効果的な訓練のために患者ロボットには、さまざまな患者の身体的特徴と状態を模擬する機能と、ロボットに施された診察と治療の手技の妥当性を評価する機能が必要だと考えています。これまで、各部位ごとに、これらの機能を備えた患者ロボットの開発を進めてきました。今後は、これらを統合して、全身型患者ロボットの開発に取り組んでいく計画です。

なおこの研究は 株式会社京都科学との共同研究であり、これまでに以下の補助金や助成金を得て実施されてきました。

早稲田大学・京都科学

WKS (Waseda Kyotokagaku Suture) シリーズ

WKS-1

WKS-1

2005-2006

WKS-2R

WKS-2R

2006-2007

WKS-2RII

WKS-2RII

2007-2008

縫合手技評価シミュレータ

縫合手技評価 シミュレータ

2008-2009


WKA (Waseda Kyotokagaku Airway) シリーズ

WKA-1

WKA-1R

2007-2008

WKA-2

WKA-2

2007-2008

WKA-3

WKA-3

2008-2009

WKA-4

WKA-4

2009-2010

WKA-5

WKA-5

2010-2011

WKA-5R

WKA-5R

2011-2012

評価型気道管理シミュレータ

評価型気道管理 シミュレータ

2012-


WKH (Waseda Kyotokagaku Head) シリーズ

WKH-1

WKH-1

2011-2012

WKH-2

WKH-2

2012-2013

WKH-4

WKH-4

2014-2015


WKE (Waseda Kyotokagaku Elbow) シリーズ

WKE-1

WKE-1

2011-2012

WKE-2

WKE-2

2012-2013


WAKABA (WAseda Kyotokagaku Airway BAby) シリーズ

WAKABA-1

WAKABA-1

2016-2017

WAKABA-2

WAKABA-2

2017-2018


各種訓練システム

注射手技訓練システム

注射手技 訓練システム

2015-2016

超音波検査手技訓練システム

超音波検査手技 訓練システム

2015-2016

医学教育用触診シミュレータ

医学教育用触診シミュレータ

2017-2018